その人に関しましてあちこち意識しているのです

人の輩や言動、言動などから、合う目視という合わない目視、色事と苦手な自身がいると思います。そして、それを掲げるステージは広範囲違う。では、この人はマニア、この人は不得意、は如何なることがきっかけになるのでしょうか?

マニアや不取り得という組みたてる前に「この人はなんか気になる」と感じています。それは、可愛い・悪いに関係なく、その人に関してあちこち意識しているのです。その時点でもう一度マニア・嫌いと決まっていると呼び込めるのですが、本人は未だに自覚していません。

自分で意識するようになるのは、「この人って考えが合うな」「この人はまだ不取り得だな」って、言い方に表してようやく意識するようになるのです。こうして、その直感は意識すれば講じるほど大きくなっていきます。

「マニア」や「考えが合う」などの直感は自分にとってアドバンテージとなるので良いのですが「嫌い」や「不得意」などの直感はダウンに感じてしまいます。

「あの人は嫌いだから、一緒にいたくない。」としていても、小売りなどで毎日顔を合わせるような場合には、会社のコミュニティにも影響してしまうので、なるたけ必要以上に嫌わないことが大切です。

そのためには、アファメーションを行いましょう。自分の潜在意識に「○○くんは上手くやっていける」って言い聞かせるのです。アファメーションするときは、絶対に後ろ向きな言い方は使わずに、潜在意識に伝わらないように下さい。

これを実践することで、嫌いな目視や苦手な目視とも関係が悪くなることはないでしょう。人の直感は潜在意識に行きつくってその直感が昇るので、ネガティブに考えないように注意しましょう。

アファメーションにおいて望むことは、広範囲です。但し、その渇望が実にしていては、何度も何度もアファメーションを唱えても効果はないでしょう。

ただ「幸せに追い求める」って望んでも、「興奮」は人によって徳義心が違ってきます。小売りで成功することに興奮を感じる目視、嫁入りゲストを見つけて家事を突き止めることが興奮という目視、疾患を治して健康になることが興奮と感じる目視、渇望を実現させることが興奮という目視、人によって幸せの様子は全く違う。

これらを総出まとめて「幸せに追い求める」って望んでも、その手配は叶わないでしょう。でも、「幸せに追い求める」という気持ちは本当です。では、自分の興奮を手に入れるためのアファメーションは何故願えば良いのでしょう。

それは、自分にとってどんなことが幸せなのかを思い切り仕掛けることです。そして、その手配を具体的にイメージして言い方にするのです。

たとえば、健康な実情を手に入れたいのなら「毎日、バランスの取れた食事をして、適度なアクションをします。」というアファメーションすれば、知覚しやすくなって潜在意識にまで届きます。興奮はその先にあるのです。

「集団ピース」を願っていても、目的が十分に定まっていないって、その手配を叶えた我々を捉えしにくいと思います。

そこで、アファメーションとしては、「貧しい国の人物を助けるために、音声を勉強する」「威光をとって、人の生を救う」といった具体的な手配を唱えるのです。

集団を平和にするために自分には何ができるか、何がしよかをどしどし考えて、具体的な知覚を描くことが大切なのです。そして、具体的な言い方でイメージする結局、潜在気配りが背中を押してくれて、大きな願望にも手が届くことができるのです。